• 製品情報
  • キャンペーン情報
  • サポート情報
  • 製品紹介ビデオ
  • セミナー 展示会
  • 会社情報
  • カタログダウンロード
  • お問い合わせ
  • アクタックブログ

圧力式BOD測定システム BODセンサー NEW!

BODセンサー は圧力センサーとマイクロプロセッサーの組み合わせにより、培養中の溶存酸素の減少による容器内の圧力変化を捉え、BOD 値を算出します。
滴定やDO メーターに比べ、より少ない手間で公定法と相関のあるBOD 値を得ることができます。

pdf 製品カタログダウンロードはこちら (482KB)

BOD センサーセット BOD システム6 BOD システム10
BOD センサーセット BOD システム6 BOD システム10
BOD EVOシステム6
BOD EVOシステム6

特徴

  • ボタンによる簡単な操作
  • 培養をはじめたら5 日間触る必要なし
  • 1日ごとにBOD 値を自動的に記録(5 つまで)
  • BOD 値はリアルタイムに表示
  • 0~90、250、600、999ppm の4 段階の測定レンジ

測定原理

原理1 原理2
1. 一定量のサンプルを遮光ビンに入れます。 2. 撹拌子を入れ、炭酸ガス吸収材を入れたアルカリホルダーをセットします。
原理3 原理4
3. BODセンサーを装着します。 4. スターラーにセットし、撹拌しながら20℃でインキュベートします。
原理5 6. 5日間インキュベートし、気圧の変化を圧力センサーで記録して、BOD値に換算します。汚れている水は微生物が繁殖するため、BOD値も高くなります。
5. インキュベート中に水中の微生物により酸素が消費され、二酸化炭素が放出されます。放出された二酸化炭素を吸収材で吸収すると瓶内の気圧が下がります。

BOD EVOセンサーシステム6

BOD EVOセンサーシステムは従来のBODセンサーシステムにワイヤレスでのデータ送信機能を追加したものです。30分~24時間ごとにPCに接続したデータボックスにBOD値を送信し、専用のBODソフトウェアで記録します。
センサーを操作しなくてもデータを取り出せるため、インキュベーターのドアを開ける必要がありません。

センサーシステム

技術仕様

測定方式 電子圧力センサー
測定単位 mg/L(ppm)
メモリー 24 時間ごとにBOD 値 5 つ(EVOシステムはPCの容量が許す限り)
測定レンジ 0~90、250、600、999ppm
表示 3 桁LED

製品仕様

型式 BOD センサーセット BOD センサーシステム6 BOD センサーシステム10 BOD EVOセンサーシステム6
寸法 75W×75D×230Hmm
(センサー本体+培養ビン)
270W×185D×300Hmm
(スターラー含む)
432W×165D×300Hmm
(スターラー含む)
270W×185D×300Hmm
(スターラー含む)
重量 0.4kg 2.3kg 3.0kg 2.3kg
電源 リチウム電池×2 (センサー) リチウム電池×2 (センサー)
100VAC 50/60Hz (スターラー)
リチウム電池×2 (センサー)
100VAC 50/60Hz (スターラー)
リチウム電池×2 (センサー)
100VAC 50/60Hz (スターラー)
内容 BOD センサー×1
専用培養ビン×1
アルカリホルダー×1
攪拌子×1
BOD センサー×6
スターラー×1
専用培養ビン×6
アルカリホルダー×6
攪拌子×6
BOD センサー×10
スターラー×1
専用培養ビン×10
アルカリホルダー×10
攪拌子×10
BOD センサー×6
スターラー×1
専用培養ビン×6
アルカリホルダー×6
攪拌子×6
ワイヤレスデータボックス×1
BODソフトウェア×1

外観、仕様等は予告なしに変更される場合があります。